防災ソリューションID : JBP00074

日本工営 株式会社

水理実験

実際の水理実験を通して、河川等構造物の設計の有用性・問題点等を検証します。

ソリューションの特長

水路や河川をモデル化し、実際の水理実験を行い、得られた結果を設計に反映します。
施設は大きく分けて、水理実験棟(80m x 35m, 最大流量1.2m3/s)、河川実験施設(140m x 50m, 最大流量1.2m3/s)の2つから構成され、上下水・排水施設および河川構造物の実験が可能です。

ソリューションの図解

施設の概要
河川実験施設
コンクリートダム吐出口の水理実験(左)、砂防ダムの水理実験(右)

ソリューションの背景

日本工営は創業以来、河川およびダム設計等のコンサルティング業務を国内外で継続的に実施しています。この施設は河川関連業務の中で最も困難であった、モデルの検証を行うために作成された施設です。
実験はコンピューターによるシミュレーションが主体となった今でも行われており、施設形式や施設規模の検証や、洪水等の河川災害の予測に役立っています。

ソリューションの詳解

この実験施設では、橋梁基礎構造物、分水堰、洪水調節池、排水管、ダムの吐出口、砂防ダムの設計結果と河川に与える影響を、実験を通して確認することができます。

ソリューションの実績や適用例

官公庁発注の実験業務に多くの実績があります。

企業情報

日本工営 株式会社

〒102-8539 東京都千代田区九段北1-14-6

Tel. : 03-5276-3596

E-mail : int.agx.n-koei.co.jp

Website : http://www.n-koei.co.jp

TOP