News & Topics

JBPが環境省の適応情報プラットフォーム「A-PLAT」にリンクされました

2017年11月10日 News
CO2の排出量の急増は地球温暖化をもたらし、人間社会や自然の生態系に甚大な影響を及ぼします。
地球が危機に陥らないためには、CO2排出削減の取組である「緩和」の実行が必要です。
一方で、「緩和」を最大限行ってもある程度の気温の上昇は避けられず、すでに世界の各地で様々な影響が表れており、気候変動による影響への「適応」は待ったなしの状況です。
適応が必要な主な影響としては、風水害、干ばつ、農業、感染症の増加などがありますが、この中でもとりわけ気候変動による異常気象による風水害の増加は、すでに多くの人が実感していることでしょう。
自治体や企業の適応対策を支援するために、環境省は2016年8月に適応情報プラットフォーム「A-PLAT」を開設し、様々な情報を提供していますが、この度、JBPは優れた防災技術を提供する団体としてこちらにリンクされました。

http://www.adaptation-platform.nies.go.jp/info/links_others.html
TOP